毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

からあげよりもポテトでしょ!

こんにちは。岸本みずきです。

夏といえば、冷えたビールと枝豆。
いやいや、冒頭からおやじ話題で失礼します。

先日「スタンディングバー」へ行ってきました。
私の住んでいる地元の商工会主催で、7月後半の水曜と金曜の夜に
近所のショッピングモールの駐車場で開かれる即席ビアバー。
生ジョッキ1杯に、枝豆がついてワンコイン。

仕事帰りのサラリーマンから、主婦、自営業をやってはりそうな年配層の方々。
向こう側ではレジャーシート持参で、子どもとお母さん達が集まってワイワイ、ガヤガヤ。
田舎だけど、けっこうにぎわってます。

毎年ビールだけ出されていましたが、今年はおつまみの出店を発見。
よく見るとショッピングモールの中のたこ焼き屋さんが、からあげと串カツを出しておられました。

うーん、ポテトなら買ったんやけどな。
からあげは、ちょっと脂っこい。
(やっぱり、、、ほら、歳を重ねると、、、ね。)

お客さんはけっこう入ってるのに、その出店は全く売れてない。
あれ?と思って辺りを見回すと、来てる人の年齢層が高い。
なるほど。うちと同じ理由ですね。

きっとポテトや付き出しのようなおつまみ系なら、飛ぶように売れてたんでしょうね。
たしかに去年、帰りにショッピングモールの中に入ってるスーパーへ行ったら、
脂っこいお惣菜が残って、軽いおつまみ系はほとんど完売でした。

求めているものが違う。

これ、思い当たることがあります。
以前スーパーへ行ったときのこと。
ダンナに「ハンバーグたべたい」と言われて、
えーっ、今から作るのぉ、、、汗、と思いながらミンチに手を出すと
「ちがうで」とイシイのハンバーグをカゴの中に入れてました。

こちらが予想していることと、相手が求めているものは違うことが多い。

これって普段でもよくあることです。
家族に対して、職場の上司や同僚に対して、お客さんに対して、など。

私のように「手間がかかると思ったら、レンジでチンで済んだ話」だったらいいですが、
なんかうまく進まない、相手の反応がイマイチ、うまく行くと思ってたのに予想外に失敗した。
こんなときは「ふりだしに戻る」で頭をリセットして、別の視点で相手の状況を考え直してみるといい。

からあげよりもポテト、です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。