毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

意外と多かった子宮筋腫や内膜症の人たち

こんにちは。岸本みずきです。

入院、手術をすることを周りにほとんど言ってなかったのですが(ここではお話してましたが)
それでも数人の人には話していました。

周りにはあまりいないだろう思ってたんですが、
「実は私も」とか「手術しようか昔考えた時期があった」とか。
悩んでる人って案外多いんですね。

あまり人には話しにくい病気だし、そもそも私みたいに「昔からそうやったし体質やわ」
と思ってる人も多い。
それに婦人科って、風邪を引いて内科へ行くみたいに気軽には行けない(できれば行きたくない)

だけど憂鬱な日をダラダラと過ごすのもそろそろ辛くなってきたし、どんどん症状が悪化して
しんどくなる一方。
頭の中で「病院行ったほうがええんちゃう派」と「行くのは絶対イヤ派」が
しばらくの間、戦ってました。

でも今回思いきって受診して本当によかった。
退院してまだそんなに経ってないけど、生理前後に関わらず毎日あったつらい症状、

・お腹が張ってしんどい
・すぐにお腹にガスがたまる&げっぷがとにかく多くて苦しい
・お腹がポコンとカエルみたいに膨れてる

これらがなくなってめっちゃ快適(お腹は多少出てますが、、、笑)
こんなことならもっと早く治療しておけばよかった、と思うくらいです。

人ぞれぞれ症状は違うと思うけれど「行こうかどうしようか」迷ってる人は
受診することをおススメします。
気になることは、さっさと終わらせてスッキリする。
今回手術して本当にそう思いました。

イヤなのも、痛いのもそのときだけ。
症状や病院によって違うかもしれないけど、私の場合5泊6日でした。
傷口を見ても「ホンマにこれだけ?」と思うくらいちっちゃな傷。
もし似たような症状で「あ、わたしも」と思った人がいたら、婦人科を受診しましょう。

P・S
ちなみに私が入院した病院は、たまたま選んだのですがその分野ではわりと有名なところでした。
(受診してから手術までなんと3ヶ月待ち)
たしかに腕はいいし、先生も優しくて、設備も整ってる(近鉄高の原駅前の病院)
しかも1Fにはローソンまでありました。
ほぼ毎日通ってました(笑)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。