毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

蒸し暑い日が続いています。
これだけ暑いと布団に入ってもなかなか眠れません。
眠りが浅いとよく夢を見るっていいますよね。

 

最近見た夢のお話

私の夢は現実的なことが多い。

旦那さんとどっかに出かける夢とか、
会社で仕事をしてる夢とか、
子供の頃に住んでいた家とか。

たいてい身近な人や場所の夢を見ます。

こないだ、夢の中に母親が出てきました。
これまでに何度も母親の夢を見てきたけど、
いつも目覚めたとき、母親への罪悪感で気分はどんより。

それがこないだは全く何も感じなかったんですよね。
夢の内容は覚えていないけど、起きたときは動揺していなかった。

 

夢のとらえ方

夢診断とか、夢占いとか、ありますよね。
気になることがあると夢に出てくるとか、抑圧された潜在意識が出てくるとか。

  • まだ母親に対して罪悪感を持っているんじゃないか。
  • 心のどこかで母親に会いに行こうかと迷っているんじゃないか。
  • 母親に悪いことが起こっているんじゃないか。

昔はそんな「こじつけ的」なことを考えては、自分の見た夢の意味について気をもんでいました。
そしてさらにモチベーションが下がっていく。

 

ものには限度がある

心理学的にみると、夢には意味があるのかもしれません。
自分のことを深く掘り下げて、過去と向き合って問題を解決していく過程は大切です。
見たくない部分に蓋をして避けていても、問題からは解放されない。
いつかどこかのタイミングで、向き合わないと一歩前には進めません。

だけど問題にばかりとらわれすぎるのも逆効果だと思うんです。

一通り自分の問題(私の場合は毒親)と向き合ったあとは、それ以上深追いしない。
だって深追いしたって、過去も母親も変えることはできないのですから。

 

偏らない

問題が起きると

「これにはどういう意味があるんだろう」
「きっと〇〇をやりなさいっていう意味なんだ」
「私の潜在意識は何を求めているんだろう」

少しこじつけ的な解釈をする人がいます。
実は私もこんなふうに、こじつけ的な解釈をしてたこともありました。

問題定義することが間違いではないけれど、問題視することで余計に憂鬱になったり
些細なことでも深く考えて騒ぎすぎたり。

問題解決するつもりがさらにストレスを抱え込んでしまった、ということにもなりかねません。

 

母親のこと、自分のこと、これまでたっぷり向き合ってきました。
もう十分向き合ったから、今はそれについて深く考えることもなくなりました。
だから母親の夢を見て目覚めても動揺しなかったし、気分が重くなることもなかったんです。

なんでもやりすぎは体(心)に毒です。
ときには、ほどほどのところで引くことも大切だと思います。
(渦中にあると、なかなか気が付かないもんですが、、、)

関連記事

    • ありどめ
    • 2017年 8月 24日

    こんにちは👋😃残暑厳しい日々が続きますね。
    お久しぶりです。

    色んなこと、ほんとにそう思います。

    受け流せるような心素敵です!

      • 岸本 みずき
      • 2017年 8月 24日

      こんにちは。
      今日も京都の夏は残暑が厳しいです(^^;)

      色んなことが一段落ついて、考え込まない「ラクさ」を知ったのかな。
      いつもコメントありがとう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。