毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

毒親持ちは気づいていない?

毒親から突然かかってくる電話。
携帯の画面を見た瞬間、胸がぎゅっ」と締め付けられて自分の鼓動が大きく聞こえる。
まだ何の用かもわからないのに、息苦しさと不安に飲み込まれる。

いつでもどこでも、毒親は一瞬でその時間をつぶします。
先日、喫茶店で見かけた女性は以前の私にそっくりでした。

それまでおしゃべりを楽しんでいたのに、スマホを見た途端、さーっと青ざめた表情。
そして電話をかけるために急いで外へ。

奥さん「前はいらないって言うてたのに、今電話したらすぐ来てって」
旦那さん「ほっといたらええやん」

聞くつもりはありませんでしたが、切迫した声が隣から聞こえてきました。
どうも旦那さんは、奥さんの親が毒親だということを認識してない様子。

いくら夫婦でも、付き合いが長くて親しい友人でも、なかなかわかってもらいにくいもの。
話を聞いて頭では理解してても、実際はピンとこないんですよね。

私の場合、旦那さんが実際に毒親の挙動を目の当たりにしたので、事態の深刻さに気付いてくれました。
だから毒親を離れることができた。
もしあのまま喫茶店で見かけた女性のように、旦那さんが理解してない環境で過ごしていたらどうなっていたことか。

毒親を持つ子は、周りに自分の親が毒親だということを隠します。
なにがなんでもバレないように細心の注意を払う。

そして自分にも「これは普通、私の親はちょっと厳しいだけ」と言い聞かせます。
私もそうでした。

この思い込みはとても危険です。

毒親から離れるタイミングをどんどん遅らせて、四六時中親の顔色ばかり見てビクビクしながら生活する。
どんなに忙しくても、楽しい時間を過ごしていても、親のために自分の時間を差し出す。

大げさな、、、と思われるかもしれません。

でもよく考えて見てください。
もし毒親から何か言われたら、そっちを優先させていませんか。
自分のことよりも、毒親から言われたことを考えていませんか。

あたなの置かれている状況は、あなたが思っているよりも深刻です。

早く毒親から離れてほしい。
旦那さんが奥さんの置かれている切迫した状況に気付いてほしい。
自分のことを優先させることの大切さに気付いてほしい。

喫茶店で見かけた女性、なにか1つでも気づいてほしいな。

関連記事

    • yuco
    • 2017年 12月 12日

    初めまして、yucoと申します。
    今両親とのやりとりに苦しみ検索していたところこちらに辿り着きました。

    ブログを読んで、自分のことを言われているのかと思いました。
    私の両親もまさに同じようなタイプで、今思えば幼い頃からストレスを感じ、毎日吐き気や腹痛を感じていたような気がします。

    でも私の場合も、やはり外面が良い両親だったので周りからの理解は得られず…。
    結局いつも私が悪者になってしまうので、「やはり私が悪いのか」「そういうものか」と諦めて過ごしていました。

    日々の暴言に加え、職場に電話される、機嫌に任せて言うことが変わる、などなどしょっちゅうでした。
    当時は接客業をしており残業とかもあったのですが、「なんで時間通りに帰ってこないの」などと確認の電話がかかってきて、職場ではとっても恥ずかしい思いをしてました。

    子どもに任せて「買ってきてもらったもの」に対して文句を言う…これ、一番共感しました。笑
    「じゃあどうすればええねん!」と叫びたくなりますよね。

    今の旦那のことも散々言われていますが、まともに聞いていると訳が分からなくなってしまうため出来る限りスルーしています。
    機嫌で動く親の言うことを真に受けていると、何が正しいのかわからなくなってしまいます。

    うまくまとまらず、長くなってしまいましたが、岸本さんの感じてきた気持ち、わかります。とてもとても共感しました。これからも覗かせて頂きます。色々と参考にさせて下さい。

      • 岸本 みずき
      • 2017年 12月 13日

      yucoさま

      初めまして。コメントくださってありがとうございます。
      じっくり、じっくり、読ませていただきました。

      とくに、

      >「なんで時間通りに帰ってこないの」などと確認の電話がかかってきて、職場ではとっても恥ずかしい思いをしてました。

      とても共感しました。
      そうなんですよね。いくら言っても理解できないみたいで。
      私の常識(残業するとか、付き合いで飲みに行くとか)は毒親にしてみると非常識なことみたいです。
      職場の先輩に、ドン引きされたこともあります。笑

      「親に逆らうと悪いことが起きる、そんなことをする私は悪い人間」
      幼少期から刷り込まれてきたため最初はいい子を演じてきましたが、それは間違いだということにようやく気付きました。

      親にじゃまされず、日々の生活をもっともっと楽しむためには「親のルール」に耳を貸さないことが大切ですね。
      私の経験談がyucoさんのお役に立ててよかったです。

      yucoさんのコメント、すごく嬉しかったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。