毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

早くやらなきゃ!でもちっとも進まない!

こんにちは。岸本みずきです。

やらなきゃいけないことがあるのに、なかなか進まない
目の前にやることを「ドサッ」とおいても、なにから手をつけたらいいのか途方にくれる。
気ばかり焦って、時間がどんどん過ぎていく。

『どーしよーーー!』

実はこれ、私のことです。

ヤル気はある。やらなきゃいけない状況ということもわかってる。
でもいざやり始めると、なかなか前に進まなくてすぐに止まってしまう。
ふぅーっ、さて、こまった。

前に進めるために、一旦仕切りなおしてみる。
それでも頭の中には、いろんなことがいっぺんに出てきてごちゃごちゃ。
整理して1つ1つ進めようとしても、すぐに止まってしまう。

ここ最近この繰り返しで、やりたいことがなかなか進みませんでした。

そこで、レメディをいくつかブレンドしてみることにしました。

題して、

「やること山積み、でも進まない、たすけてブレンド」

 

Impatiens(インパチェンス)

Impatiens(インパチェンス)

選んだレメディその1:インパチェンス
早くやらなきゃ!早く終わらせなきゃ!
なんだか背後から時間に追われてるような、ずっと急かされている感じ。
もともとせっかちな性格なので、どんなことでも「ちゃちゃっと」できないと
ダメなんですよね。

 

Clematis(クレマチス)

Clematis(クレマチス)

選んだレメディその2:クレマチス
目の前のことに集中しようとすればするほど、ソワソワ落ちつかない。
地に足がついてないような、気ばかり先へ先へ行ってしまってるような感じ。

 

Hornbeam(ホーンビーム)

Hornbeam(ホーンビーム)

選んだレメディその3:ホーンビーム
机に座って「いざやろう!」と思っても、イマイチ1歩目が進まない。
ヤル気はあるのに、実際に作業に取りかかるまでの時間がかかりすぎて
「今日はやめとこか」とくじけそうになる。
そしてくじけて違うことをする確立、、、約6割。

 

今回はこの3つをブレンドしてみました。
「やること山積み、でも進まない、たすけてブレンド」を使ってみて、
やること全体を「面」で捉えていたのが、すこーし細かい点にフォーカスして
考えるようになったかな、と思います。
(あくまでも個人的な感じ方です)

たとえるなら「家事を早くやらなきゃ」と漠然と考えて焦ってたのが、
まずは洗濯から片付けよう。
そのためには洗濯物を入れて、洗剤を入れて、フタをしてスタートを押す。
次は部屋に散らかってる雑誌や新聞を片付けよう。
というように、小さく分けて考えて進めてみる、といった感じです。

これは、たまってる仕事を片付けるときにも言えること。

歩みは遅いけれど、苦手なことや慣れていないことは確実に前に進むことから
手をつけていくことが大事だな、とブレンドしたレメディを使いながら思いました。

この続きは、後日談としてまたお伝えしようと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。