毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

プレ更年期を軽減するためにやってみたこと

子宮内膜症と筋腫の手術をしてはや1年。
自宅療養を終えて、仕事に復帰したのがちょうど今頃。
あのときは手術の傷跡がまだ痛くてジーンズが履けなかったので、腰ゴムのゆるゆるパンツばかり履いていました。

今では傷跡もほとんど目立たなくなって、術後の状態も異常なし。
よかった、よかった。

、、、

、、、というわけには行かないのが40代後半の体。

閉経をはさむ10年くらいは更年期と言われてるらしい。
現在47歳、、、まさに真っ只中。

今年の春先から

  • 下半身や顔がむくんでいつも履いてるジーンズがきつい
  • 体重がじわじわ増えてきた
  • お腹が張る

それに暑くない日でも体が熱っぽかったり、気分の浮き沈みはちょいちょいある。
でもホットフラッシュとかめまいとか更年期によく見られる症状はまだ出てないから
こんなんで病院へ行くのもなぁ、、、」とそのままにしてました。

だけどここ数日お腹の張りがとにかくしんどくて、迷いながらも婦人科へgo。

結果、治療をするかしないかは本人次第と言われました。
えっ、そうなん?

たとえば動悸やめまいが頻繁に起こって困ってるとか、
汗が止まらなくて人前に出るのが恥ずかしいとか。

もし我慢できないなら治療した方がいいし、気にならない程度なら今のままでいい、と。

病院の先生は決して冷たいタイプじゃなく、温厚そうで人当たりが良さそうで優しそうなタイプ。
だけど私が求めていた答えではありませんでした。
首や足のむくみを診るわけでもなく、何かの検査を勧めるわけでもなく、話だけで判断する。

 

熱があるから解熱剤を出す。

お腹が痛いから痛み止めを出す。

 

これならAIでもできるやん、とツッコミたくなりました。
だけど、もともと漢方薬が欲しくて受診したので(以前ホルモン剤を飲んでしんどくなったから)
今の症状に合う漢方薬を処方してもらえし、保険が効いて薬局で買うより安かったから、ま、いいか。

よく更年期の症状を感じたら早めに受診しましょう、と聞きますが実際に病院へ行くとなんだか違う印象を受けました。
(病院によって違うと思います)
それで私が感じたのは、結局は自分で対処するしかないのかな、と。

  • 漢方薬を飲む(即効性はあまり期待できません)
  • マインドフルネスで自律神経を整える(こないだTVで見て良さそうだったので)
  • お腹の張りや便秘を改善するツボを刺激する(大腸兪、便秘点など)
    ツボはロート製薬のサイトがわかりやすかったです

とくにマインドフルネスは使えそうな気がします。
毎日10分間呼吸に集中するだけ。(これが意外と難しいんです)
続けていくうちに自律神経が整って、気になる不調が軽減されるらしい。

しばらく続けて何か変化があったらまたここで紹介しますね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。