毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

初対面、先入観、野生の勘

こんにちは。岸本みずきです。

初めて会った人なのに、そんな気がしなくて気がつくと話し込んでた、ということがあります。
逆に会ったときからなんとなく「あの人ニガテ」と感じることや、初対面なのにガンを飛ばされて不快な思いをすることも。

初対面で会った人の第一印象って何で決まると思いますか。

・キレイな人
・男前な人
・優しそうな人
・怖そうな人
・ダンディな人

外見はいろいろ。
それぞれの人を見たとき、個人的にその人のことをどう思うか。

「なんとなく、あの人と気が合いそう」
「あの人はニガテやわ」
「なんかしらんけど、あの人ムカつく」

初対面でもその人のことを好意的に思うのか、苦手だと決め付けるのか、嫌いと思うのか。
感じ方はさまざまです。どうしてでしょうね。

以前聞いた話です。
人は初対面の人の顔つきや雰囲気を見ながら、過去の記憶の中で似た人を探してくるようです。
そして「過去に会った似た人」を初対面の人に重ね合わせて見ているとか。

昔こんなことがありました。

初めて会う人なのに、その人のやることなすことすべてが気に入らなくて、悪い部分ばかり目に付いてしまう。
私はその人のことが嫌いでした。

どうしてだか、自分でもわからない。
あとからよく考えると、中学時代に私をいじめていた人に雰囲気が似てることがわかりました。
その人を見た瞬間、いじめられた具体的なことは出てこなくても「嫌な人」という印象がふっと、出てきたんでしょうね。

いくら初対面で会った人が良い人でも、昔似たタイプの人に嫌な思いをさせられた経験があれば、
初対面で会った人にその人の影を重ねてしまう。

・中学生のときにいじめられた同級生に雰囲気が似た人
・小学生のときに怒鳴られた近所のおばさんに似た人
・以前の職場で文句ばかり言われた得意先の人に似た人

「なんとなくあの人ニガテ」と感じるのは、もしかしたら昔に嫌な思いをした人に似てることが原因ということも考えられます。
先入観で人を判断すると、本当は良い人なのに誤解してしまうことにもつながる。
人は一度や二度会っただけではわからない、ということです。

もちろん直感で「あの人は近づいたらあかん、危険な匂いがする」と感じるときもあります。
私はこの野生の勘を信じるようにしています。
ワリと当たってるんですよね。

初対面の人に会うときは、いつもこのことに気をつけるようにしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。