毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

毒親がいる実家へお盆休みに帰省しない方がいい理由

お盆くらい帰ってきてもええやん

毎年おきまりのフレーズを言われるこの時期がとてもキライでした。

お盆に限らず、まとまった休みが続くと母親からあれこれを理由をつけて帰ってくるように仕向けられる。
だから仕事をしている平日の方がまし。
そんなことがずーっと続いていました。

 

結婚して間もない頃、家に帰ってくるように言われて一度だけダンナさんと夕方から(なるべく家に滞在する時間を短くしたかったので)実家へ泊まりに行ったことがありました。

母親の言うとおりにしたのに、なぜか翌日の朝から不機嫌な母親。

ダンナさんには毒親のことをまだ隠していたので(当時のダンナさんはうすうす気づいてたみたいですが)母親が不機嫌なのを悟られないように、翌朝早々家に帰ったっけ。
だけどダンナさんにはバレてたんですけどね。

 

あのときは不機嫌な母親と何も知らないダンナさん(実は感づいていた)の間に挟まれて冷や汗だらだらでした。
ケンカごしで話す母親を必死でなだめて、その場をなんとかしのぐ。
いつ爆発するかわからないピンと張りつめた部屋の中はホントに息苦しくてキツかったですね。

泊まりに行ったのはそれっきり。
それ以降も母親は「よその家は盆と正月になったら帰ってきはるのに、、、」と文句たらたらでしたが、もうあんな胃がキリキリする思いをするのはこりごり。

 

嫌な思いをするってわかってるんだから、最初から行かない。
いくら母親から何度も何度もひつこく言われても絶対行かない。
ここは譲ったらダメです。

だって母親のせいで夫婦仲がおかしくなったり、もしそれがきっかけで夫婦間にミゾが出来てしまったら?
そんなことは絶対イヤです。
自分の幸せを母親の世間体やおかしなルールのせいで潰すことだけは避けなきゃいけない。

もしかしたら

そんな親のことで夫婦仲が壊れるはずない、親は親、私たちは私たちなんだから

と思われるかもしれません。

だけど何が原因で問題が起こるかなんて誰にもわからないのです。

 

極端かもしれないけど、突然自分の前を歩いている人が刃物を持って自分に近づいてくるかもしれない。
それが絶対起こらないという保障はどこにもありません。

だから自分で防げるものは防いでおくべきだと思うんです。
特に毒親はどんな行動に出るのか一番よく知っているのはあなたです。

危険な状況は出来るだけ避けて、一番安全なことを選ぶ。
私は「行かない」という選択、「関わらない、距離を置く」という選択で一番安全な生活を手に入れました。

あなたは何を選びますか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。