毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

こんにちは。岸本みずきです。

・あれええなぁ、欲しいなぁ
・○○(新しいこと)面白そう、ちょっとやってみたい
・そういえば、○○さんと長いこと会ってへん、、、会いたいな。

こんなとき、あなたならどうしますか?

わたし、昔は腰が重い人でした。
なにか思いついても、あれこれ考えすぎるから「やっぱりやめとこ」になってしまう。
またはじっくり考えている間に「時すでに遅し」になっていたり。

「買いに行く」
「なにかの予約を取る」
「誰かに連絡を取る」

小さなことから、まあまあ大きいことまで。

昔に比べると今はササッと動けるようになったので「時すでに遅し」ということも減りました。
何かを始めるとき、どこか行くとき、誰かと連絡を取り合うとき。
フットワークは軽く、レスポンスは早い方がいい。

もちろんじっくり考えたり、寝かせる方がいいこともある。
それはその事柄によります。

私が常々思うこと。
それは人とのやり取りはレスポンスが早い方がいい、ということ。
たとえばメールは、なるべく早めに返そうとします(返す必要のないメールは省く)
その方が、お互いに気持ちいいと思うから。

ササッと済ませばすぐに終わることなのに、だらだらと先延ばしにするからいつまでも終わらない。
私はこういうのがニガテ。

以前、こんな話を聞きました。
だらだらと先延ばしにして相手を待たせるのは、相手の時間を奪っていることになる。

なるほど。
いつ返事が来るんだろう、と相手をヤキモキさせるのは決してよくない。

私はこれまで返事がなかなかこなくて、ヤキモキすることがわりとありました。
待ってる間って不安になるものです。

だけど、レスポンス良く動いたことでトントン拍子に話が進んだり、
思いもよらないチャンスに巡りあえた、ということもあります。

これは私見ですが、レスポンスの悪い人はその後の関係性もあまり長続きしない。
ま、お互いに興味があれば何も考えないでササッと連絡を取り合うんですけどね。

もし早めに返事がほしいとき、なかなか返事がこないだろうな、と思ったら

「返事待ってます」
「なるべく早く返事をお願いします」
「○月○日までに連絡ください」

など、書くようにしています。
このひと言を添えることで、相手にはこちらが返事を待ってることが伝わる。

仕事やプライベートで、レスポンスが遅くて困ってる人、
一度、ひと言添えてみましょう。
返事がなかなかこなくてヤキモキすることが減って、意外なチャンスに巡りあえるかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。