毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

本当は父親って悪い人じゃなかったかもしれない

こんにちは。岸本みずきです。

今日は前回のつづきです(→毒親に刷り込まれた記憶
亡くなった父親の確認に、警察へ行った話のつづきです。

通された部屋は、取調室。
窓のない薄暗い部屋には、薄いビニールが張ってあるだけの丸イス。
たぶん何度も机を叩いたことで、4本の脚がグラグラになったと思われる机。
(ほら、よくTVでやってる「お前がやったんだろう!バーーーン」みたいな感じ?)
そして机の上には、ベコベコに凹んだ銀色の灰皿。
(何度も投げたり、灰皿でしばかれたり、、、取調べの様子を勝手に想像)

悪いことはしてないけど、取調室に通されると犯人にでもなった気分?
思わず「カツ丼ください」って言いたくなるような、、、(笑)

冗談はさておき、入ってきたのは女性の警察官。
こっちのソワソワした様子を察したんでしょうね、開口一番、
「すみませんね、こんな部屋しか空いてなくて」
と申し訳なさそうにおっしゃっていました。
話がひと通り終わって、いよいよ霊安室へ。

20年ぶりの再会。
そこには、私の記憶からかなり年をとって少しふっくらした顔つきの男性。
たしかに父親でした。

でも顔を見た瞬間、涙が出てきたんです。
自分でもよくわからないけど、おだやかな顔で眠ってる父親を見て
「もしかして悪い人じゃなかったかもしれない」って。

父親が大声を出して暴れている光景は今でも覚えてるけど、お酒を飲んでない時は
おとなしい人で、仕事もまじめに行ってはった。
(私が避けていたので)話すことはほとんどなかったけど、暴力をふるわれたことも、
ひどいことを言われた記憶もない(それを考えると母親の方がひどかった)

父親にしてみれば、家の中は居場所がなかったのかもしれません。
実際、休みの日は外で自転車を磨いてるか、近所の喫茶店で過ごす。
(私が喫茶店好きなのは、父親譲りなのかも)

そんな父親が気の毒に思えてきて、ちゃんと供養しよう、と。
後日、手続きに父親の住んでいた管轄の役所へ行くと
「お父さんは自分には息子がいるっていうてはったよ」
年をとって、結構記憶があいまいになってたらしいけど、私、息子やったん?
ま、自分の気性を考えるとまんざら間違いでもないかも(笑)

役所の帰り、父親がよく行ってたと職員の方に教えてもらった喫茶店でコーヒーを飲んで
帰りました。

小さいときに親に刷り込まれた記憶ってこわい。
最後の最後に後悔することなく、ちゃんと供養することができてホントによかった。
そろそろ命日、秋らしいシャレたお花でも買ってこようっと。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。