毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

手術をすると性格も変わる?

こんにちは。岸本みずきです。

ガウチョパンツ、スカーチョ、ワイドパンツ。
最近は腰ゴムのボトムが多くて、しかもゆったりめのデザインが多いですね。
それに合わせてトップスも、ゆったりしたシルエットのものが多い。

手術してちょうど1ヶ月。

「お腹を締め付ける服装は避けてくださいね」

スキニータイプのデニムばかり履いていたので、この機会に流行のデザインに挑戦。
術後のお腹にもやさしい今年の秋服は、ラクすぎてダメ人間になりそうです(笑)

ゆるゆる~、だらだら~、締め付けないカラダはホントに自由。
気のせいか、、、なんだか前よりも、のんびり過ごしているような気がします。

以前は、

・どんなことでもきちんとやらないといけない
・仕事でも、どんなことでも常に早めに終わらせて段取りよく進めないとダメ
・いつもちゃんとしていないといけない
・あれもこれもしなければいけない
・見た目はいつもと変わらなくても、内側ではセカセカ、あれこれ気にしてる

そんなつもりはなくても、いつも背筋をピンと伸ばして、いい子ちゃんでいる自分。
子供の頃からの習慣だから仕方ない。
そしてそんな性分は、服装の好みにも出ていたのかもしれません。

ここ最近、慌てなくなりました。
入院してペースがゆっくりになったのかもしれないけど、あきらかにペースダウンしています。

ペースを落として自分をいたわる、って大事ですね。
手術したことで、自分のカラダとココロに注意をはらうようになったかも。

頭ではわかってても実際はなかなかできないし、一旦走り出すと次の瞬間忘れてる。
だけど自分のことは自分が面倒をみないと、本当のところは誰にもわからない。
そんなことを退院してから、ゆるい秋服を着ながら考えていました。

セカセカ忙しなく過ごしているあなた。
いつも生真面目で几帳面でがんばってるあなた。

たまには手を抜いて、ゆるい服装でペースダウンしてみるのもいいもんですよ。

関連記事

    • ありどめ
    • 2016年 10月 12日

    こんにちは✨😃❗
    ユルい服が多くて、ハッピー😆💕✨です。
    圧迫されてた腸がゆったりして、心までユッタリって、最近腸と脳の関係があると言われてるので、ありそうですね。(^^)服が変わる時って、大きな変わり目のような気もします。
    お会いしたときは、ユッタリしましょう😃!

      • 岸本 みずき
      • 2016年 10月 12日

      こんちは~!
      今日も出掛けたついでに、またユルい服を買ってしまった(笑)
      ゆったりは体にも心にもやさしいですね。
      腸の圧迫がなくなったせいか、術後はとてもラクになりました。
      来月会えるのが楽しみです(*^^)ノ

  1. この記事へのトラックバックはありません。