毒親の対処の基本。距離のとり方から始まる振り回されない生活

menu

脱毒親メソッド~もう毒親に振り回されない~

あなたは無意識に人の影響を受けていませんか

こんにちは。岸本みずきです。

人は一緒にいる人の影響を受けやすいもの。
もしかすると毒親経験を持つ人は、そういう傾向が強いのかもしれない。
そんなことをふと、考えていました。

もちろんこれは私の主観です。

いつ怒り出すかわからない母親。
常に顔色をうかがっていると、ひとつひとつの言葉や表情が自分の中に定着してきます。

少しでも怒られるリスクを減らすために、嫌われないために、
母親と同じ口調、同じ表情、同じしぐさをする。
マネることで、母親に取り入ろうとしていたのかもしれません。
子どもは親から嫌われたら生きていけませんから。

そしてそのクセは、大人になっても自分の中に残る。
目の前の人に嫌われないために、無意識に相手に合わせて同じ時間を過ごす。
数時間一緒にいると、相手の影響を受けて自分も似た話し方になる。

以前ダンナさんに言われたことがあります。

「出かけて帰ってきたら、なんか話し方がいつもと違う」

良い影響を与えてくれる人ならいいのですが、その逆ならあまりよくない。
損得ではなく自分にとってプラスになる人なのか、それともその逆か。
自分の器が広がる人なのか、器を狭める人なのか。

私はその辺がきっとヘタなんだと思います。
「友だちが少なくなる恐怖」に負けて、つい誰とでも付き合ってしまう傾向だった私。
相手は私をコントロールしやすくて、関心を示してるだけなのかもしれないから。

一緒にいる人はきちんと選ばなきゃ。
最近ようやく、きちんと人を見るようになりました。

ポイントはその人と別れたあと、楽しい気分が持続するのかどうか。
最初は楽しく感じてても、だんだん気分がモヤッとしてくるときは
要注意です。

人付き合いは、いくつになっても難しい。
いや、年齢が上がるほどハードルは上がるような気がします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。